【S2最終405位、レート2072】対面ルカミミドゲザ【ポケモンSV】

 

 

こんにちは、せっきーです

SVシーズン2お疲れさまでした。

結果として満足いくものではありませんでしたが、自分好みの構築を作れたのと、SV初のレート2000なので記事にしたいと思います。

読んでいただけると嬉しいです!!

 

 

 

目次

構築経緯

ポケモン紹介

結果・終わりに

構築経緯

環境の覇権であるカイリューに対し、相手のテラスタイプに依存せず安定して処理できる動きと、初手(主にドラゴンタイプ)のテラス択を極力回避できるポケモンを探したところ、トリル呪い珠ミミッキュが当てはまると思ったので採用。ミミッキュのトリル呪いと合わせて安定してカイリューを処理できるかつ対面性能の高い電気テラスタルセグレイブを2匹目に採用した。つららばりの乱数に左右されたくないので持ち物はイカサマダイスを採用。

ミミッキュ+セグレイブの並びは対面的に構築を組んだ方が強いので、スイープ性能の高いポケモンの採用を検討した。環境に多いドラパルトやサーフゴーの引き先になれるかつトリルとの相性も良いドドゲザンを3匹目に採用。悪打点のリーチを伸ばすため、持ち物は黒いメガネ。

ここまででラウドボーン、キョジオーン、ヘイラッシャなどの物理受けのポケモンがきつかったのと、キラフロルやデカヌチャン、クエスパトラに対して初手置きできるポケモンが欲しかった。そこでラウドボーンやヘイラッシャに後出ししながら対面操作ができ、地面の一貫も切れるチョッキミトムを4匹目に採用。構築の貴重な特殊アタッカー枠。

この4匹だとウルガモスがきついのと、受けの崩し手段が乏しかった。ガモスに対して後投げから崩しを行え、電気の一貫も切ることもできるラム炎テラガブリアスを5匹目に採用。

この5匹だとセグレイブ入りの構築がきつかったのと、対鋼テラサザンドラのテラス択が嫌だったため、これらの問題を解決できるかつ対面性能の高い相棒枠の襷ルカリオを採用して構築が完成した。

 

 

 

ポケモン紹介

ルカリオ@ 気合の襷

特性:精神力
テラスタイプ:ノーマル
努力値:A164,C244,S100

実数値:145,166,90,166,81,123 (左からHP,攻撃、防御、特攻、特防、素早さ)
性格:やんちゃ(A↑D↓)
技構成:インファイト、コメットパンチ、神速、あくのはどう

調整意図:

・H252,D4振りラウドボーンをあくのはどう×2で98.0%

・H244,D4振りサーフゴーをあくのはどう×2で73.4%

・準速ガッサ抜き

・インファ+しんそくの範囲を広げたいためあまりAぶっぱ

 

相棒枠。セグレイブ+ゴーストの並びに強く出たいのと、ゴツメや鬼火で機能停止になるのが嫌だったので両刀で採用することにした。基本的に初手置きし、セグレイブやラウドボーン、サーフゴーなどにテラスタルを強要させる。ルカリオはミトムと攻め受けともに補完が取れているので、セグレイブ入りの構築はルカリオミトム@1で崩すことが多かった。Sが欲しい場面がなかったため、思い切って両刀で採用したが、鬼火ラウドボーンがきても役割を果たせたり、ゴーストタイプがいる構築にも選出できるようになり扱いやすかった。テラスタイプはサーフゴーのシャドボやミミッキュのかげうちを透かすことができ、神速の火力を上げるノーマル。選出したときは比較的活躍してくれたが、100位台チャレで一発まひ引いて負けた時は悲しかった。9世代は優秀なポケモンが多く、ルカリオが環境的に逆風でをどう活躍させるかずっと悩んでいたが、ある程度の結果を残すことができてよかった。

 

 

ガブリアス@ラムのみ  
特性:鮫肌
テラスタイプ:炎  
努力値:A252,B4,S252

実数値:183,182,116,X,105,169

性格:陽気(S↑C↓)
技構成:逆鱗、地震、テラバースト、剣舞

調整意図:

・ミラーを意識して最速

 

最初は構築の崩し枠として採用したが、単体性能が高すぎて、セグレイブが刺さってない時は積極的に選出した。終盤フェアリーテラガブリアスが爆増していたのもあり、炎テラが読まれることが少なく通しやすかった。持ち物はラムのみとメトロノームで迷ったが、対受けループの勝率よりもガモスやヒトム入りの勝率を上げた方が良いと判断し、ラムのみを採用した。結果的に対受けループの勝率は50%もなかったが、それ以上にガモス入りの勝率を上げることができたので良かったと思う。岩テラスウルガモスは事故。

 

セグレイブ@ イカサマダイス  
特性:熱交換
テラスタイプ:電気  
努力値:H196,A252,B4,D4,S52

実数値:215,216,113,X,107,114
性格:意地っ張り(A↑C↓)
技構成:つららばり地震、テラバースト、氷の礫

調整意図:

・電気テラでドラパの特化鉢巻ドラゴンテラスドラゴンアロー93.8%耐え

・電気テラで陽気ガブの地震93.8%耐え

・特化珠ミミッキュのじゃれつく93.8%耐え

・電気テラで臆病メガネサザンの流星群確定耐え

・最速50族抜き+1

 

対面構築に欲しくなるポケモン。ヘイラッシャで止まりたくないので電気テラを採用。ヘイラッシャは他の受けポケモンと違い、高速再生技がないので物理の役割集中で崩しとしても機能した。出し負けが少ないので初手置きすることも多かったが、テラスタルを強要される場面も多かったので意外と使いこなすのが難しかった。竜舞が欲しい場面もあったが、礫の通りが良いため、最後までフルアタで使い続けた。つららじしんテラバの技範囲の広さが優秀で、環境にいるポケモンほとんどに等倍以上のダメージを入れられるので、選出して腐ることが全くないのもよかった。

 

ウォッシュロトム@ とつげきチョッキ
特性:ふゆう
テラスタイプ:フェアリー
努力値:H252,B68,C124,D60,S4

実数値:157,X,136,155,135,107
性格:控えめ(C↑A↓) 
技構成:10万ボルト、ハイドロポンプボルトチェンジ、テラバースト

調整意図:

・陽気ガブの鉢巻逆鱗87.5%耐え

・特化メガネサーフゴーのシャドボ×2を93.8%耐え(Dダウン非考慮)

・10万ボルト+ハイドロポンプでH4振りサーフゴーを96.1%で倒せる

 

補完として入ってきがちな便利屋ポケモン。H振りだけだと耐久面が不安なので、火力を最低限に抑えBとDに振り分けた。チョッキを採用した理由はキョジオーンやヘイラッシャの守るで打つ技を読まれるのが嫌だったのと、サーフゴーやクエスパトラに対面で打ち勝ちたかったため。実際こだわり前提で立ち回ってくる相手も多く、簡単に崩せる試合も多かった。鋼テラか妖テラで迷い続けていたが、テラバとして打つことが多いフェアリーを選択した。ドロポン外しは我慢するしかない。

 

ミミッキュ @ いのちのたま

特性:化けの皮
テラスタイプ:フェアリー 
努力値:H36,A236,B180,D4,S52

実数値:135,154,123,X,126,123 
性格:意地っ張り(A↑C↓)
技構成:かげうち、じゃれつく、呪い、トリックルーム

調整意図:

・皮+珠ダメ1回込みの特化珠ミミッキュのかげうち93.8%耐え

・準速ガッサ抜き

S1のみかんさんの記事を参考にさせていただきました!!

mikankitsu.hatenablog.com

本構築の軸でありMVPとなったポケモン。珠を持たせることで本来の対面性能を維持しつつ、トリルからの切り返しの動きがとても強力だった。竜舞カイリューに対してミミッキュ後投げ→トリル呪いじゃれ連打で比較的安定する。裏にドゲザかセグレイブがいればカイリューだけでなく、裏のポケモンごと貫ける展開も多く非常に使いやすかった。初手置き要因としても優秀で、初手置きされやすいガブに対してトリルから入ることで相手のテラスタイプを見ながら一度行動することができる点が良い。トリル→雑な削りを行ってから裏のドゲザやセグレイブで大きく荒らすことができた。

 

ドドゲザン @ 黒いメガネ  
特性:総大将
テラスタイプ:悪
努力値:A252,B4,S252

実数値:175,205,141,X,105,102
性格:意地っ張り(A↑C↓)
技構成:ドゲザン、アイアンヘッド、ふいうち、けたぐり

調整意図:

・ASぶっぱ

・火力が欲しいのでA特化

 

ステロ撒かれても機能する対面駒として採用。剣舞とアイへで迷ったが、相手のフェアリーテラスタルに対して打点を持ちたかったため、アイへを採用した。ドゲザン+ふいうちの性能や技範囲は相変わらず強力だが、炎テラドラパや気合玉持ちのサーフゴー、けたぐりマスカーニャが多かったため動かしづらかった。それでも単体性能が高く、ドラパやサーフゴーに強めであることは間違いないので最後まで外すことはできなかった。ふいうち択は嫌ではあるが、命中不安技がないので最後にドゲザがいるときの安心感はあった。色個体を用意できなかったため、TDさんから色ドゲザを貸してもらいレンタルパを作ってずっと使っていた。

 


結果

 

 

TN せっきー レート2072.186,最終405位

TN波導の勇者 最終4桁

終わりに

今期の目標はレート2100か最終2桁だったので達成できず悔しいです。ただ、SV初のレート2000ですし前期6500位くらいだったので素直に喜びたいですね。また、初めてレート2000からさらに上を目指して潜ることができたので自身の成長にもつながったかなと思います。とりあえずSVである程度の結果を残せたので、今後は目標達成まで保存せず潜り続けたいです

ここまで読んでいただきありがとうございました!

何か質問やコメントなどがあれば@pkmn_YS1224まで!

special thanks

・最終日応援コメントをくださった方々

・シングル厨の調整としてフレ戦に協力してくださった方々

・シングル厨で一緒にチームを組んでくれたSEKI君、TDさん

・今期対戦したすべてのポケモントレーナー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけ

 

今回の構築は1月にあったシングル厨で使った構築をそのまま最終日まで使いました。

 

リーダーのSEKI君に誘ってもらい参加しましたが、チーム6-0、個人5-1で1位抜けすることができました!決勝トーナメント1回戦で優勝したリホウさんチームに負けてしまいましたが、オフ初の予選抜け嬉しかったです。またオフ大会が開かれることがあれば参加したいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

禁伝と波導の勇者ルカリオ【剣盾S35最終143位レート1915】

 

こんにちは、せっきーです。

剣盾ラストシーズンお疲れさまでした!

この禁伝環境でも最後まで相棒と戦い切ったので、そこそこな順位ではありますが、記事として記録に残したいと思います。

読んでいただけると嬉しいです!

 

この並びがかっこよすぎて他のポケモン入れられませんでした笑。

画像

 

目次

構築経緯

ポケモン紹介

選出・立ち回り

結果・終わりに

 

構築経緯

構築コンセプト好きなポケモンを使って勝利を目指す。かっこいいポケモンをできるだけ採用する。

相棒枠のルカリオを採用しないと戦えない体になってしまったため、採用。

 

ルカリオを採用する場合、対面構築しか組めないので、入れ得最強ポケモンザシアンを採用。

 

次に、初手ダイマ+ザシアン+スイープ枠の基本選出を組みたいと思った。そこで、ザシアンと攻めの相性がよく、ダイマでも非ダイマでも強い耐久振りスカーフ黒バドレックスを採用。

 

次にザシバドと相性の良いダイマエースを探した。最初はディアルガを採用する予定だったが、ディアルガ+ルギアの並びに対して択になってしまう点、ザシアンにみがわり連打から聖剣で落とされて数的不利になる点が問題だと感じた。これらの問題を解決できるかつダイマエースとして打ち合い性能が高い&ダイバーンで炎技の火力を上げることもできるチョッキレシラムを採用。

 

次にゴーストの一貫を切るかつ、レシラムが選出できないホウオウ、ラッキー、ルナアーラ入りに選出できるダイマエースがほしかったのでとして珠イベルタルを採用。最初は物理型だったが、この構築にザシアン受けが存在しないので、ザシアン入りにも初手に投げれるよう、耐久振り両刀型に変更した。

 

最後に電気の一貫を切るかつ、重めなマーシャドーに強めな駒であること。また、崩し要因となれるポケモンを探したところ、ステロ剣舞オボングラードンが該当すると思ったので採用し、構築が完成した。

これは結果論であるが、水の一貫があるのでオーガの被選出率がとてつもなく高く、相手の選出を読みながら立ち回りやすくなった。

 

ポケモン紹介

 

Lucario

 

ルカリオ@気合の襷

性格:意地っ張り(A↑C↓)

特性:精神力

技構成:インファイトバレットパンチ、岩石封じ、いのちがけ

努力値:H204,A236,S68

実数値:171,176,90,X,90,119 (左からHP,攻撃、防御、特攻、特防、素早さ)

調整意図:

・インファ+いのちがけでHBゴツメネクロ、HBカバルドン確定

・H252,↑B172ホウオウをインファ+いのちがけで確定

・S+1の90族抜き抜き(起点グラードン,HBホウオウ意識)

 

この環境でルカリオをどのように活躍させるかとても悩んだが、マーシャドーとの差別化ができるいのちがけを採用することにした。

主にキュレム+ネクロやディアルガ+カバorホウオウ、ルカリオを選出しないと苦しい対面構築などに選出する。基本的には初手置きし、雑に削るのが役割。仮に有利対面を作って相手にひかれたとしても、いのちがけで大きく削るもしくは相打ちになることで裏のポケモンを通す動きが強力だった。

今回はザシアン受けとして選出されるであろうネクロズマ、ホウオウ、HBカバルドンを意識した調整にした。ルカリオに対して後出ししてきたこれらのポケモンをいのちがけで倒せば、裏のザシアンの一貫がすさまじくなり、この動きが決まった時はかなりの勝率だった。

また、構築単位で激重なホウオウやマーシャドーに対してS操作の仕事ができるよう岩石封じを採用。選出率は10%もなかったが、ルカリオを選出しないと苦しい構築もあったため、最低限の補完性能は取れていたのではないかと思う。ルカリオにとって過去一苦しい環境ではあったが、あきらめずに最後まで一緒に戦えてよかった!!(最終日は10戦投げたかどうかでした)

 

Zacian (König des Schwertes)

 

ザシアン@朽ちた剣

性格:意地っ張り(A↑C↓)

特性:不撓の剣

技構成:巨獣斬、じゃれつく、ワイルドボルト、電光石火

努力値:H252,A4,B12,D148,S92

実数値:199,210,137,X,154,180

調整意図:

・臆病カイオーガのしおふき確定耐え

・臆病黒バドレックスの+1ダイホロウ確定耐え

・特化ザシアンの巨獣斬+電光石火を88.3%耐え

メタモン(A+2)の巨獣斬を81.3%耐え、巨獣斬+電光石火で74.6%で落とせる

 

選出率ほぼ100%の最強ポケモン。後発で投げた時の安定感が欲しかったのでHDベースでの採用。ジガルデ、ホウオウが重かったので、じゃれつくとワイルドボルトを採用した。

Sを180まで振っていたが最終日はミラーで負けることが多かった。Sを伸ばすことも検討したが、前期オーガのしおふき最高乱数切り耐え調整で使ってたら何回もザシアンがオーガのしおふきで倒されて萎えてた。なので、今回は甘えずこの調整のまま最後まで戦った。

火力はあまりないが、このザシアンは相手の後発ダイマに対するストッパーになる必要があったので耐久の方が大事だと感じた。特に、後発イベルに対して巨獣斬+石火+珠ダメで落として、裏の黒バドレックスを通す展開が強力だった。結局ザシアンが最強!

 

Reshiram

 

レシラム@とつげきチョッキ

性格:控えめ(A↓C↑)

特性:ターボブレイズ

技構成:りゅうせいぐんあおいほのおソーラービーム、だいちのちから

努力値:H140,B12,C252,D12,S92

実数値:193,X,122,222,142,122

調整意図:

・控えめカイオーガの珠ダイストリーム×2をグラスフィールド回復込みで94.9%耐え、ダイマCSオーガをダイソウゲン×2+珠ダメ×2で確定

・レシラムより遅い控えめカイオーガのダイストリーム×3をソウゲンソウゲンアースで98.7%耐え

・意地っ張りマーシャドーの岩封+A-1岩封+特化ザシアンの巨獣斬を68.1%耐え

・起点作成グラードン意識のSライン

 

個人的使用感最強の初手ダイマエース&今期のMVP。ルギアのマルチスケイルを貫通できる点がディアルガと違って優秀。環境トップにいる多くのポケモンに対して五分以上に打ち合えるので使い勝手が良かった。対ディアルガも相手がチョッキなら対面打ち勝て、珠だとしてもダイドラグーンから打たれなければ勝てる。

今回はオーガを意識してソーラービームディアルガやザシオーガへの一貫した打点を意識して、だいちのちからを採用した。ダイアースを先に積んでしまえば、後発で出てくる特殊イベルや黒バドにめっぽう強くなり、予想以上の耐久力だった。色違いレシラムかっこよすぎる!

 

Coronospa (Rappenreiter)

 

黒バドレックス@こだわりスカーフ

性格:控えめ(A↓C↑)

特性:人馬一体、緊張感

技構成:アストラルビット、サイコショック、ドレインキッス、トリック

努力値:H76,B228,C116,D4,S84

実数値:185,X,129,220,121,181

調整意図:

・特化ザシアンの巨獣斬87.5%耐え

・イベルのC特化130珠ジェット81.3%耐え、A特化140珠ジェット81.3%耐え

・臆病オーガのこんげんのはどう確定耐え

・自身のザシアンのS+1(スカーフメタモン意識)

 

この環境の黒バドは襷が主流だったが、スカーフでも全然戦えた。ダイマしても非ダイマでも強いため、立ち回りの幅が広がり非常に扱いやすかった。非ダイマ時はほとんどアスビしか打たない。

レシラムもイベルも通りが悪いと感じた時は、グラードンステルスロック+スカーフバド+ザシアンorルカリオで黒バドにダイマを切る前提の選出もした。マーシャドーやHDっぽいイベルがいる構築には投げれないが、この構築の中ではかなり選出した方であった。最後くらい色違いのバドレックス使いたかった!

 

Yveltal

 

イベルタル@命の珠

性格:意地っ張り(A↑C↓)

特性:ダークオーラ

技構成:うっぷんばらし、ゴッドバード、ねっぷう、挑発

努力値:A180,B92,S236

実数値:201,191,127,135,118,149

調整意図:

・特化ザシアンの巨獣斬+珠ダメ1回を93.8%耐え

・H236,B4,D4振りザシアンをジェット+バーンで確定

・B4振りカイオーガをダイジェットで確定

・イベルの物理特化140珠ジェット×2+珠ダメを98.4%耐え、珠ダメ2回を66%耐え

・イベルの特殊特化130珠ジェット×2+珠ダメを98.4%耐え、珠ダメ2回を66%耐え

・イベルのジェット×2+珠ダメ×2でB4振りイベルを68%で落とせる。

・S+1で最速黒バド抜き、イベルミラーで下からジェットを打てるようS149

 

S34でもやしさんが使っていた両刀イベルを参考にさせていただきました!

shimoken0128.hatenablog.com

基本選出のレシラムザシアン黒バドできつい並びに対して強く出ていける型。調整を少し変更して+1で最速黒バドを抜けるまでSを振った。それでも対ザシアンは安定しないので初手に投げるときは基本的に再戦でザシアンの型が割れているときや、初手イベルを投げないとどうしても勝ち筋が見えない時のみ初手投げしていた。基本的には後発ダイマが多い。ある程度Bに振り、Sを少し落とすことで、対面珠イベルの撃ち合いにめっぽう強くなる。

挑発はホウオウやルギアに対して自己再生で粘られたり、ダイナやジガルデの起点にされたくなかったので採用した。終盤はHDザシアンが増えたことにより動かしづらくなったが、それでも物理+ダイバーンが刺さる試合が多く、とても活躍してくれた!

 

Groudon

 

グラードン@オボンのみ

性格:意地っ張り(A↑C↓)

特性:日照り

技構成:断崖の剣、岩石封じ、ステルスロック剣舞

努力値:H228,A60,B4,D212,S4

実数値:204,195,161,X,137,111

調整意図:

・陽気A4振りザシアンの巨獣斬でオボン圏内確定

・特化珠ディアルガの140ダイアイス×2+あられダメ×2をダイマオボン込みで確定耐え

・臆病イベルタルの珠ダイアーク確定耐え

・断崖の剣でH252振りザシアンを93.7%で落とせる。

 

最終日3日前くらいに思いついた革命的ポケモン。最初は剣舞の枠を電磁波にしてイバンのみで使っていたが、逆に相手の起点になることが多く、扱いづらかった。そこで、剣舞を入れることでイベルルギアやジガルデ相手にも戦えるようになり、選出できる構築が圧倒的に増えた。壁展開にあらがえる点も👍

初手置きすることもあるが、対面駒として裏から投げる試合の方が多かった。攻撃技が命中不安しかなかったが、グラードンを採用する以上覚悟して使っていた。グラードンをこの型に変えて一気に安定するようになったから採用してよかった!

 

 

 

選出・立ち回り

・VSレシラムの通りが良い対面構築

レシラムの初手ダイマからザシアン、黒バドで詰める。初手レシラムイベル対面はHDイベル、物理珠イベルを考慮してザシアン引き。黒バドの体力は雑に扱っても良いが、ザシアンのHPは慎重に扱う。

 

・VSイベルの通りが良い対面orサイクル構築(順不同)

グラで展開、イベルでダイマ、ザシアンで詰める。オーガが珠に見えたらザシアン引き。天候取られたら初手ダイマ

 

・VS対面構築(マシャ入り)

数的有利を取れるよう立ち回る。油断するとオーガで簡単に破壊されるので天候を奪いながらザシアンで詰める。

 

・VSステロ+スカーフバドが刺さってる構築(順不同)

起点作成→バドザシ。グラが起点になりそうだったら剣舞してダイマする展開もあった。

 

ルカリオを選出するとき

oror

ルカリオはステロ撒かれるだけで何もできなくなるので基本初手。ルカリオ+ザシアンで荒らして、ダイマエースで詰める。ルカリオを絡めても意外と勝率が落ちなかったのが良かった。

 

その他臨機応変

 

重いポケモン・並び

:水の一貫があります。うまく立ち回らないと簡単に3タテされます。

:明確に有利なポケモングラードンしかいないのできついです。

:最速だと黒バド以外対面不利なのできついです。

:どちらがアタッカーでどちらが起点作成なのか見極められないと秒で負けます。

以下追記

(HDかみ砕く):スカーフバドだと絶対勝てないので切ってました。

(レシラムより速い型):上から地面技を打たれるので打ち合い負けます。

(自身の黒バドより速いスカーフ):誰も止められません。最終日2回速いスカーフバドと当たって秒で負けました。

(みがわり持ち):基本的にグラードンで対策してたので、断崖外すとテンポとられます。

 

思い出したら追記するかも。


結果

TN せっきー 最終宇宙

TN波導の勇者 最終143位


 

終わりに

目標は最終2桁だったので達成できず悔しいです。ただ、この禁伝だらけの環境の中、ルカリオとともにここまでこれたのは素直にうれしいです!

これで8世代のランクマは終わりですが、一度とはいえ、レート2000,最終2桁という結果を残せたのでとても満足です!

TN波導の勇者が思いのほか好評だったのでSVでも使うかもです笑。SVでは最強のルカリオ使いを目指して頑張ります💪

ここまで読んでいただきありがとうございました!

何か質問やコメントなどがあれば@pkmn_YS1224まで!

 

Special thanks

・最終日応援コメントをくださった方々

・最終日通話してくださった方々

・最終日使う予定だったもう一つの構築を一緒に考えてくださったざさおさん(結局最終日使いませんでした🙏)

・今まで戦ってきたすべてのポケモントレーナー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけ

剣盾の戦績総括。

万年4桁プレイヤーだったため、S30以外大した実績がないですね。SVでは安定してレート2000,最終2桁を取れるよう頑張りたいです!

 

 

 



 

 





 

 

 

 

金炎ルカザシラム【剣盾S33,最終456位,最高レート1919最終1851】

こんにちは、せっきーです!

シーズン33お疲れさまでした!

2回目のレート2000は達成できませんでしたが、数か月使い続けたお気に入りの並びなので、思い出として簡易的ではありますが記事を書かせていただきます。

最後まで読んでいただけると嬉しいです。

 

 

数か月この並びを使い続けたこともあり、型バレするのが嫌だったので、同じ並びで2通りの構築を使ってました。物理レシラムの方が多く使ったのでそちらを記事にしたいと思います。

カバとラグが増えたと感じてから特殊に切り替えました。

 

ポケモン紹介

 

 

Lucario

 





ルカリオ@気合の襷

性格:意地っ張り

特性:精神力

技構成:バレットパンチ、かみ砕く、冷凍パンチ、ストーンエッジ

努力値:A252,D4,S252

実数値:145,178,90,X,91,142 (左からHP,攻撃、防御、特攻、特防、素早さ)

調整意図:ASぶっぱ

 

ザシアン+物理レシラムを使っていてきつかった並びがバドホウオウ+ランドロスだったのでバドホウオウに選出できるような技構成にした。対バドホウオウのストッパーとしてそこそこ活躍したが、一度だけラス1対面ルカリオ対ポリ2になったとき、インファイトがあればと嘆きながら降参した。また、ホウオウジガルデにも選出し、ルカリオダイマックスを切る試合も多かった。シーズン最終日はルカリオを少しでも活躍させたいと思い、だせそうな試合には積極的に選出した(たくさん負けた)。

 

 

Zacian (König des Schwertes)

ザシアン@朽ちた剣

性格意地っ張り

特性:不撓の剣

技構成:巨獣斬、インファイト、氷の牙、電光石火

努力値:H220,A244,B4,D4,S28

実数値:195,244,136,X,136,172

調整意図:

・火力が欲しいので特化

・トリル化で運用できるよう最低限のSライン(準速エスバ抜き)

 

ザシアン+レシラムはランドロスが重すぎるので氷の牙を採用。実際、かなり初手ランドを呼んだので、氷の牙でたくさん倒した。ただ、じゃれつくやワイルドボルトが欲しいと思うこともあったため、汎用性を意識するならじゃれやワイボにしてもよかったかもしれない。

 

Reshiram

 

レシラム@命の珠

性格:意地っ張り

特性:ターボブレイズ

技構成:逆鱗、フレアドライブ、ダブルウイング、竜の舞

努力値:H60,A252,S196

実数値:183,189,120,X,140,135

調整意図:

・火力が欲しいので特化

・準速マンムー抜きのポケモンをある程度抜けるライン

 

いたって普通の物理レシラム。カバやラグがいないので竜舞を積むタイミングがほとんどなく、ダイウォール媒体として利用することが多かった。1加速でも最速ザシアンや黒バドを抜くことができない点は弱いと感じたが、特殊とは違い、ほとんどの構築に選出できる点はよかった。初手ダイマよりもトリル化での運用の方が多かった。シーズン終盤になってレシラムに対してラッキーを後投げするプレイヤーが増えたのでたくさん破壊した。

 

Wasch-Rotom

ウォッシュロトムとつげきチョッキ

性格:控えめ

技構成:かみなり、ボルトチェンジハイドロポンプあくのはどう

努力値:H252,B12,C140,D100,S4

実数値:157,X,129,157,140,107

調整意図

・S30と同じなので省略。

詳しくはこちら↓

pkmn-ys1224.hatenablog.com

 

対オーガ用ポケモン。オーガ受けで見た目の良いポケモンがミトムしかいないので採用。初手オーガのダイマを誘い、ミトムにひいてからかみなりを打つ動きが強かった。雨で命中安定になるかつ30%の麻痺も狙えるのでオーガ軸に選出するならかみなり一択だと思う。ルギアに対して後投げからサイクルを回せる点もよかった。

 

霊獣ランドロス@こだわりハチマキ

性格:陽気

特性:威嚇

技構成:じしん、そらをとぶストーンエッジ、とんぼがえり

努力値:H4,A252,S252

実数値:H165,A197,B110,X,D100,S157

調整意図:

・S30と同じなので省略。

 

対ホウオウ、ダイナ用。S30ではヌケニンを意識してステロを採用していたが、今回はその必要がないので立ち回りの幅が広がるそらをとぶを採用した。鉢巻読みをされることが多かったのと、ラキヌオーは基本選出に入ってくるレシラムで崩せるので、構築上重いカバやラグに強くなるラムのみにするべきだったとシーズンが終わってから気づいた。

 

Mimigma (Verkleidete Form)

 

ミミッキュ@ジャポのみ

性格:図太い

特性:化けの皮

技構成:呪い、トリックルーム、みがわり、いたみ分け

努力値:H244,B252,D12

実数値:161,X,145,X,127,116

調整意図:

S31のシグマさんが使用していたミミッキュを参考にしました。

shigumaaa.hatenablog.com

トリルの展開要因。最初はジャポのみではなくイバンのみを採用していたが、相手の物理ポケモンの襷をはがせたり、特化巨獣耐えザシアンを自身のザシアンの巨獣斬+ジャポのみ+電光石火で処理できるので使い勝手がとてもよかった。いたみわけの枠は影うちにするか悩んでいたが、使用感が良かったので最後までいたみわけを選択した。ただ、挑発持ちが苦しかったので、影うちにしてもよかったかもしれない。

 

結果・終わりに

 

7か月間伝説2体ルールで潜り続けましたが、とても楽しかったです。最初は禁伝2体ルールの7か月は長すぎると思っていましたが、目標達成のため色々試行錯誤を続けたのでそこまで長くは感じませんでした!。初のレート2000と最終2桁を達成したルールなので思い出深いものとなりました!来期もルカリオを使って潜る予定ですがどこまで通用するか...。もしかしたら盾持って姿を変えているかもしれないです笑。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

何か質問やコメントがあれば@pkmn_YS1224まで!

 

2ROM19↑のスクショ。片方保存すればよかった...

    

 

Special thanks

・reboさん(特殊レシラムの構築を一緒に考えてくださいました!)

・今期フレ戦をしてくださった方々(人数が多いので省略させていただきます🙇)

・今まで対戦してきたすべてのポケモントレーナー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけ

・好きなポケモンだけでランクマしたいと思い、2日かけて作った構築。レート1900あったサブロムが5桁まで落ちました笑。ただ、全く勝てないわけではなかったので使っててとても楽しかったです!!

 

金色ルカリザシアン【レート2003,最終99位,剣盾シングルS30】

 


こんにちは、せっきーです!

シーズン30皆さんお疲れさまでした!

剣盾を始めてからずっと目標としていた"ルカリオ"入りでのレート2000&最終2桁を達成したので、記念に構築記事を書かせていただきます。

最後まで読んでいただけると嬉しいです。

 

この並びめちゃくちゃかっこよくてお気に入りです(笑)

 

 しばらくレンタル公開しておきます!

「レンタル使います!」のDMしていただいてたら死ぬほど喜びます😭

※追記:レンタル非公開にしました。レンタルしたい方はDMまでお願いします🙇‍♂️

 

目次

構築経緯

ポケモン紹介

選出・立ち回り

ポケモン対戦で好成績を収めるために必要だと感じたこと(余談)

結果・終わりに

 

 

構築経緯

現環境ではサイクルを回すことが難しく、をサイクルに介入させることは不可能なため対面構築を組むことにした。

対面構築を組むにあたって初手ダイマで数的有利をとり、対面駒で詰め切る構築が好きだったため、"初手ダイマ+禁伝2体"を基本選出として構築を考えていくことにした。

まず最初に軸となる禁伝2体を考えた結果、+スカーフが攻撃の相性補完が取れているかつ、様々なポケモンに幅広く対応できると思ったため、採用。

次にダイマエース枠を考えた。最初は一般枠最強のを採用していたが、基本選出でが重くなりすぎるので不採用。黒バドは一般枠で受けやすいため、相手の選出の黒バド受けは1匹のみの選出となることが多かった。したがって、その黒バド受けさえ破壊できれば自身の黒バドを通すことができると考えた。そこで、黒バド受けを後出しに誘いつつ、ダイマエースとして強い一般枠を検討した結果、ダイソウゲンで環境に多い黒バド受けのバンギに打点を持てるかつゴクエンの定数ダメージで裏のの一貫を作りやすいを採用し、を基本選出とした。

次に現時点での構築の問題点をリストアップした。

・環境トップのに弱い

・受け崩しのパターンが少ない

・対面構築だが、最低限のサイクルを回せる枠が欲しい

以上の3点から、に対して一度後出しができ、サイクルを回せるチョッキと電気の一貫を切るかつ受け崩し枠として鉢巻を採用。orの選出が非常に強かったため、もう一つの基本選出とした。

ここまでで、禁伝の初手ダイマ構築と襷が重かったのでストッパーとなる"相棒枠"を採用して構築が完成した。

構築を作る際に、環境トップの構築に安定した初動から展開し、再現性の高い戦いを行えるよう意識した(詳しくは 選出・立ち回りを参照)。

 

ポケモン紹介

 

ルカリオ@気合の襷

性格:意地っ張り

特性:精神力

技構成:インファイトバレットパンチ、かみ砕く、岩石封じ

努力値:A252,D4,S252

実数値:145,178,90,X,91,142  (左からHP,攻撃、防御、特攻、特防、素早さ)

調整意図:ASぶっぱ

禁伝2体環境でを活躍させることは非常に難しく、何度も試行錯誤を行った。最初はにコピーされた時の対策枠として岩石封じの枠をカウンターにして使っていたが、相手依存になってしまうのが弱く、入りにそれほど選出できなかったため、汎用性があり、起点回避もできる岩石封じを最終的に採用した。岩石封じを採用してからは、対面的な やにも選出できるようになり、活躍の幅を広げてあげることができた。20チャレチャレの試合では、ダイマで魂の3タテをかまして発狂した笑。最高の相棒です!!!

選出率6位

 

リザードン@命の珠

性格:臆病

特性:猛火

技構成:ブラストバーン、ぼうふう、ソーラービーム、みがわり

努力値:B4,C252,S252

実数値:153,X,99,161,105,167

調整意図:100族ミラーを意識して最速。

 

今期大活躍したダイマエース。初手ダイマで数的有利をとり、後発ダイマをみがわりで枯らしながら猛火ブラストバーンを打つ動きが最強だった。初手ダイマの打ち合いで対面勝てないとなった時もダイウォールで相手のダイマターンをからし、裏のポケモンで縛りやすくする展開を作れたので、みがわりを採用したメリットは大きかった。また、よりSラインが1高いのが偉く、ジェット+猛火ゴクエンで珠に対面で勝てるのが優秀だった。不意に来る岩技がきつすぎるので、が刺さりすぎてる構築にはあえて後発から展開することもあった。が後出しを大幅に削ってくれたおかげで後発を通して勝った試合が本当に多かった。また、ゴクエン+A特化のインファでいい乱数でやHBを突破できる点もよかった。おかげで、の並びに対しても基本選出を通すことができ、選出の幅を広げることもできた。

選出率3位

 

ザシアン@朽ちた剣

性格:意地っ張り

特性:不撓の剣

技構成:巨獣斬、インファイトワイルドボルト、電光石火

努力値:H204,A236,B4,D4,S60

実数値:193,242,136,X,136,176

調整意図:

・臆病の+1アストラルビット確定耐え

・控えめのメガネ火炎放射確定耐え

・陽気地震最高乱数切り耐え

・素早さ:と組まれてる意地を大体抜けるライン

 

 

現環境最強の禁伝枠。特化巨獣斬+電光石火で縛れるポケモンが多く、使い勝手が非常に良かった。技構成は、が不利をとるノーマル、悪タイプに刺さるインファイト

に刺さるワイルドボルト、スイープとして電光石火を採用した。じゃれつくがないと、が重くなるが、これらのポケモンは対面構築に組み込まれることが多く、選出の選択肢も生まれるため、今回はじゃれつくを切ることにした。結果的にじゃれつくが欲しい場面はなかったため、これで正解だったと思う。このポケモン本当に最強です。

選出率2位

 

黒バドレックス@こだわりスカーフ

性格:控えめ

特性:人馬一体、緊張感

技構成:アストラルビット、サイコショックリーフストーム、トリック

努力値:H140,B188,C116,D4,S60

実数値:193,X,124,220,121,178

調整意図:

・意地の巨獣斬87.5%耐え

・特攻:11n

・控えめ珠のダイジェット最高乱数切り耐え

・最速抜き、環境に多いスカーフを大体抜いてるライン

 

最強のスイープ枠。意地と偶発的に対面した際、巨獣斬で倒されてしまうと、上から相手のを縛れるポケモンがいないので、Bにかなり厚く振ることにした。おかげで、最低限のサイクル性能を確保することができ、強引にを後投げしてから展開していくこともできた。技構成はメインウェポンのアルトラルビット、やチョッキ持ちに強く出れるショック、への打点としてリーフストーム、受けや害悪ポケモンの行動を制限するトリックを採用した。みらいよちの採用も検討したが、ラス1と対面したときに何もできないのはさすがにきつかったので今回は採用を見送った。環境に多いに一回ジェットを積まれても上から攻撃できる点が本当に優秀。この6匹の中で一番選出率が高かった。

選出率1位

 

ウォッシュロトム@とつげきチョッキ

性格:控えめ

特性:ふゆう

技構成:かみなり、ボルトチェンジハイドロポンプあくのはどう

努力値:H252,B12,C140,D100,S4

実数値:157,X,129,157,140,107

調整意図:

・控えめの雨下ダイストリーム98.9%で2耐え

・特攻:耐久無振りをダイサンダー2回+珠ダメ2回で98%で倒せるライン

 

に投げれる優秀なポケモンと合わせて攻撃的なサイクルを展開することができた。チョッキを持たせることにより構築上重いにも強く出れる点が良い。の並びをダイマで何度もイージーウィンすることができた。かみなりはダイサンダーの火力との雨へのただ乗り意識。あくのはどうはダイアークで相手の特殊耐久を下げながら攻撃できる点と、と組まれがちなへの打点として採用。このポケモンはごまかし性能が非常に高く、ほとんどのポケモンに対して最低限の仕事ができるのが良かった。ただ、HP管理がとても難しいポケモンなので、使い慣れるまでが大変だった。

選出率4位

 

霊獣ランドロス@こだわりハチマキ
性格:陽気

特性:いかく

技構成:じしん、ストーンエッジ、とんぼがえり、ステルスロック

努力値:H4,A252,S252

実数値:H165,A197,B110,X,D100,S157

調整意図:

・最速抜き

・火力が欲しいためAぶっぱ

 

受けを破壊する優秀なポケモンと合わせたサイクル性能が素晴らしく、初手と対面しても特性の発動順で相手の型を判別することができるため、に対して有利なサイクルを行うことができた。と組まれがちなもこいつ1匹で破壊できる。また、構築的に重いのおかげで一定の勝率を保つことができた。ステルスロックは相手にがいる場合や、襷に見える構築相手に選出したとき、こだわってでもステロを撒くシーンが何度かあった。また、ダイウォール媒体として使うこともあり、何かと便利だった。

選出率5位

選出・立ち回り

すべての構築に対する共通の選出、立ち回り

数的有利をとることを第一に考える

役割を終えたポケモンでもクッションとして利用できる可能性があるので、簡単にポケモンを倒させないことを心掛けて立ち回っていた。

・初手で詰む可能性のある選出は絶対(99%)しない

→この構築は攻撃的なポケモンしかいないため、サイクルを回すことが非常に困難である。なので、初手に置くポケモンは特に慎重に考える必要がある。

例)入りに初手を選出した場合、受けれるポケモンがおらず、数的不利をとってしまう。

また、サイクルを回す際も有限サイクルとなるため、最低限のタイプ受けサイクルで攻撃的に崩すことを心掛けていた。

 

構築別の立ち回り

現環境で勝ち抜くためには環境トップの構築に対する有利な動きを安定して取れること、環境トップの構築に対して複数の選出パターンを用意することが必要であると考えた。現環境はの2強だと考えていたのでこの2つの構築に対して有利に立ち回れるように構築を組んだ。

 

※以下の選出が絶対というわけではないです。相手の構築によりある程度臨機応変に対応します。選出や立ち回りに質問があれば@pkmn_YS1224までお願いします。

 

・対(有利)

or

主にこの2つのパターンで選出していた。この選出の共通点は初手ザシオーガどちらにも最低限仕事ができるという点である。

初手ランドの場合ザシアンが来たら有利対面、カイオーガが来ても特性発動順で相手の持ち物を予測することができる。相手がスカーフ以外なら初手とんぼからミトム。スカーフならミトムバックからサイクルを展開することで有利対面を作ることができる。

もしカイオーガが初手ダイマしてきてもミトムダイマで切り返すことができる。また、構築上重いエースバーンに対しても初手ランドロスが安定する点もよかった。

しかし、初手ランドロスと珠サンダーが対面してしまうと、かなり不利展開をとってしまうので相手の構築のサンダーが珠に見える場合、もう一つの選出パターンをしていた。

ザシアンミトム黒バドレックスの選出は、相手の初手珠サンダーに非常に強く動くことができる。初手ザシアンの巨獣斬→サンダーのダイジェット。この後サンダーザシアンを落とすためにダイバーンかダイサンダーを選択するはず。このタイミングで黒バドレックスを後投げできれば上からアストラルビットでダイマサンダーをこちらがダイマックスを使うことなく、縛ることができる。

これらの動きを安定してとることができたため、ザシアンカイオーガへの勝率は非常に高かった。

・対(微有利~有利)

or

ororor

 

ザシバドザシオーガに比べて構築の幅が広いので臨機応変に選出を変えていた。相手の黒バドレックスが襷に見える場合はリザードン、スカーフに見える場合はミトムを選出していた。

ザシバドミラーだと初手ダイマサンダーを非常に誘いやすいため、先ほどザシオーガへの選出で述べた対珠サンダーへの立ち回りをこちらでも行っていた。

ランド、ガブ相手には初手黒バドでステロを打たれる前に倒して数的有利をとるようにした。基本的には初手黒バドザシアンだが、エースバーン入りには初手リザードンを合わせていた。珠エースバーンに見える場合は初手ゴクエンから入る。

ザシアン黒バドレックス相手にも高い勝率を得ることができた。しかし、構築の幅が広く、相手の持ち物を予測して選出する必要があるので、ザシオーガよりは戦いずらかった。


その他の選出

・対(五分~微有利)

 or

基本的にザシバドは確定。イベルラキヌオーイベザシマンムーにはリザードンヒトムレジエレキ入りにはミトムを選出。

イベル軸はイベルさえ倒してしまえば黒バドが通ることが多かったので、残りの2匹でイベルを削りきることを意識して立ち回った。

・対(微不利~微有利)

or

イベザシとほぼ選出が同じ。リザードンvs日ネク対面、日ネクがダイロックを打ってくることが多かったので、みがわりでダイマターンを枯らしてからゴクエンを展開していた。リザードン受けがいない構築には勝率はよかったが、露骨なリザードン受けがいると苦しかった。

(五分~微有利)

この3匹の中のどのポケモンで崩すかを考えながら立ち回っていた。ザシアンvsホウオウの対面で安易にワイボを打つのではなく、一度ランドバックしたりするなど、駆け引きを行いながら崩しどころを見極められると勝率がぐっと上がります。

構築 (不利)

マジできつい。ジガルデのダイアース読みリザードンバックやリザードンで有利対面を作り、ジガルデ後投げに対してゴクエン→ジェットで倒すプランを通せないと大体負けます。プレイングで何とかするしかないです。

 (無理)

この構築だけはほんとに無理だった。初手眼鏡ムゲンダイナや襷メタモンを考慮すると初手に安定するポケモンがおらず、初手から選出択。

選出択に勝てればそこそこ勝てたが、初手で詰むこともあったのでお祈りしながら選出していた。

 

or(微有利)

oror

相手がディアルガザシアンならリザードンディアルガホウオウはならルカリオorランドロスを選出していた。基本的に相手の攻撃を受けられないので、対面的に立ち回る。どのポケモンダイマックスを切るか考えながら戦う。

 

などのどちらの通りも悪い禁伝軸 (五分)

or

@1は受け絡みの構築ならランド、対面的な構築ならルカリオを選出していた。この選出の場合はほとんど黒バドダイマを切ることになる。

 

  (五分) ※追記

+or or

現在流行っているので追記。バドザシは確定で取り巻きによって残り1匹を選出する。バンギやポリ2がいる場合かつルカリオの通りが良い場合はルカリオを選出していた。20チャレチャレではルカリオダイマで3盾した。

 

きつかったポケモン

・禁伝:sライン179以上のスカーフコスパ

・一般枠:

ポケモン対戦で好成績(レート2000)を達成するために必要だと思ったこと

ここは余談なので興味のある方は読んでみてください。あくまで私の主観なのでご了承ください。私はこれまでのシーズンでレート1900~1950までは安定して到達することができていました。しかし、最終盤の猛者の方々に全く勝てず、レートを溶かし続けていました。そこで、強者の方々の構築記事を読みながら自身との差を考えてみると、強者の方は、強いポケモンを並べて構築を作るのではなく、環境に多い構築に対して有利に立ち回れる並びや動きから構築を作っていることに気が付きました。そのような構築を作ることができれば、多くの対戦で、再現性のあるバトルをすることができ、安定してレートを伸ばすことができるということがわかりました。これに気付いてから、環境が大きく変化しない限り、連敗を重ねることが一気に少なくなり、安定した戦いで目標を達成することができました!あくまで自身の体験談なのですが、構築の作りで悩んでいる方の参考になればうれしいです。


結果

Image

レート2000を達成した時のスクショ

 

終わりに

禁伝2体環境でルカリオを活躍させることは不可能なのではないかと思っていましたが、あきらめずに戦い続けて目標のルカリオ入りでのレート2000&最終2桁を達成できました!今月は先月ほどは潜れないと思いますが、対戦した際にはよろしくお願いします!9世代になったらメガシンカ復活してくれ!!!

ここまで読んでいただきありがとうございました!

何か質問やコメントがあれば@pkmn_YS1224まで! 

 

Special thanks✨

・reboさん(ポケリーグ出場時の構築を参考にさせていただきました!、許可済)

・今まで構築相談に応じてくれた沢山のトレーナーさん

・今期対戦した全ての方

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 おまけ

・レート2000を達成した後、みんなでお祝いのカレー食べました😋

ルカザシサンダー[レート1900,最終346位]

シーズン25お疲れさまでした!

目標のレート2000は達成できなかったものの、そこそこ良い順位をとることができたので記事にまとめたいと思います。レンタルコードは記事の終わりに記載してます。

 

f:id:pkmn_YS1224:20220101230305p:plain

 

f:id:pkmn_YS1224:20220101231214j:plain

 

[構築経緯]

・今期もPokémon-Icon 888a.pngf:id:pkmn_YS1224:20220101231756p:plainの並びがシンプルに強いと考え、ダイマエース+f:id:pkmn_YS1224:20220101231722p:plainを以前から使っていたため、この2匹を軸として採用。

 

f:id:pkmn_YS1224:20220101231722p:plainと組ませるf:id:pkmn_YS1224:20220101231756p:plainは珠が最も強力だと考え、相性の良い襷枠でもあり'相棒'でもあるf:id:pkmn_YS1224:20220101232118p:plainを採用。ここまでを基本選出とした。

 

・この3匹では今期流行っていたf:id:pkmn_YS1224:20220101232250p:plainf:id:pkmn_YS1224:20220101232254p:plainを崩すことができない。また、f:id:pkmn_YS1224:20220101232250p:plainf:id:pkmn_YS1224:20220101232254p:plainf:id:pkmn_YS1224:20220101231722p:plainと組まれていることが多かったため、この並びに強い鉢巻f:id:pkmn_YS1224:20220101232650p:plainを採用。

 

・現時点でf:id:pkmn_YS1224:20220101232730p:plainにめっぽう弱かったため、フォロワーさんに進めていただいたf:id:pkmn_YS1224:20220101232829p:plainを採用。

 

・最後に構築上重いf:id:pkmn_YS1224:20220101232932p:plainに強いかつ汎用性のある駒としてf:id:pkmn_YS1224:20220101232958p:plainを採用して構築が完成した。

 

[個体紹介]

・調整は努力値を記載

f:id:pkmn_YS1224:20220101233458j:plain

 

ルカリオ@気合の襷

性格:意地っ張り

特性:精神力

技構成:インファイトしんそくストーンエッジ、カウンター

努力値:A252,D4,S252

 

本構築の相棒枠。主に対面構築相手に選出する。優先度+2のしんそくが優秀で何度も勝利を手繰り寄せてくれた。

環境に最も多いf:id:pkmn_YS1224:20220101231756p:plainに打点が欲しかったためストーンエッジを採用。そのおかげでHBf:id:pkmn_YS1224:20220101231756p:plainにも交代読みでエッジを当てれば乱数2発で倒せるのが偉かった。

エッジを採用した副産物としてf:id:pkmn_YS1224:20220101235409p:plainにも強く出ることができ、f:id:pkmn_YS1224:20220101235409p:plainに負けることはあまりなかった。

 

 

f:id:pkmn_YS1224:20220101233541j:plain

ザシアン@朽ちた剣

性格:意地っ張り

特性:不撓の剣

技構成:巨獣斬、じゃれつく、インファイト、電光石火

努力値:H204,A242,B4,D4,S52

・メガネf:id:pkmn_YS1224:20220101232932p:plainのアストラルビット確定耐え

・陽気A252f:id:pkmn_YS1224:20220101232650p:plainのじしん最高乱数切り耐え

・Sライン:よくいる意地f:id:pkmn_YS1224:20220101231722p:plainを抜ける程度

・あまりA

 

最強の禁伝ポケモン。こいつの選出率はほぼ100%だった。技範囲を広げたいのと、対面的な処理を行いたかったため、上記の技構成となった。

石火は襷カウンターを防げたり最後の詰め筋となるため入れ得な気がした。

今期はなぜかf:id:pkmn_YS1224:20220101231722p:plainf:id:pkmn_YS1224:20220101235553p:plainで見てくる人が多かったのでインファイトで狩りまくった。

 

f:id:pkmn_YS1224:20220101235721j:plain

サンダー@いのちのたま

性格:控えめ

特性:静電気

技構成:ライジングボルト、ぼうふう、げんしのちから、電磁波

努力値:B4,C252,S252

 

ダイマエース枠。雑に使っても強かった。ただ、控えめジェット耐えのf:id:pkmn_YS1224:20220102000016p:plainf:id:pkmn_YS1224:20220102000039p:plainがほとんどだったため、少し動かしずらかった。

ねっぷうの必要性を感じなかったので、原子の力を採用。

f:id:pkmn_YS1224:20220101231756p:plainミラーで確実に勝利することができ、裏のポケモンに負荷をかけていく動きがとても強かった。また、終盤に増えてきたf:id:pkmn_YS1224:20220102000345p:plainを奇襲できる点も優秀だった。

また、HBf:id:pkmn_YS1224:20220101231756p:plainに見える構築には初手ダイロックを打っていた。

最速f:id:pkmn_YS1224:20220101231756p:plainのかいでんぱはどうしようもないので切っていた。

 

f:id:pkmn_YS1224:20220102000451j:plain

霊獣ランドロス@こだわりハチマキ

性格:意地っ張り

特性:威嚇

技構成:じしん、空を飛ぶ、ストーンエッジ、とんぼ返り

努力値:H228,A204,B124,D4,S4

・コピーされたf:id:pkmn_YS1224:20220101231722p:plainのきょじゅうざん最高乱数切り耐え

・臆病メガネC252f:id:pkmn_YS1224:20220102000941p:plainダイマックス砲最高乱数切り耐え

・S:ミラー意識

・A:あまり

 

f:id:pkmn_YS1224:20220101232301p:plainがあり得ないくらい重かったので耐久調整をした鉢巻f:id:pkmn_YS1224:20220101232650p:plainを採用した。最初はとんぼ返りの枠を馬鹿力にしていたが、打つ場面が全くなかったので汎用性のあるとんぼ返りを採用した。おかげでf:id:pkmn_YS1224:20220101232301p:plain入りサイクルに強く出ることができた。

f:id:pkmn_YS1224:20220101231722p:plain軸以外にもf:id:pkmn_YS1224:20220102000941p:plainf:id:pkmn_YS1224:20220102001624p:plainにも積極的に選出した。

 

 

f:id:pkmn_YS1224:20220102001720j:plain

トリトドン@食べ残し

性格:穏やか

特性:よびみず

技構成:ねっとう、だいちのちから、あくび、じこさいせい

努力値:H252,B4,D252

 

f:id:pkmn_YS1224:20220101232730p:plainでとても活躍した。水の一環を切りつつ、あくびで対面操作をしながらf:id:pkmn_YS1224:20220101231756p:plainを通すようにしていた。

f:id:pkmn_YS1224:20220101232829p:plainを採用してからf:id:pkmn_YS1224:20220101232730p:plainに負けることはほとんどなかった。

しかし、対f:id:pkmn_YS1224:20220101232730p:plain以外に選出できず、選出の幅が狭まることが多かった。

 

 

f:id:pkmn_YS1224:20220102002146j:plain

ミミッキュ@呪いのお札

性格:意地っ張り

特性:化けの皮

技構成:シャドークロー、じゃれつく、影うち、剣舞

努力値:H4,A252,S252

 

要検討枠。f:id:pkmn_YS1224:20220101232932p:plainにサイコフィールドを展開されても倒せるようシャドークローを採用した。しかし、f:id:pkmn_YS1224:20220101232932p:plainの裏に控えているf:id:pkmn_YS1224:20220102002515p:plainf:id:pkmn_YS1224:20220102002922p:plainにめっぽう弱く、扱いにくかった。

f:id:pkmn_YS1224:20220101232118p:plainが刺さってない対面構築の場合、かわりにf:id:pkmn_YS1224:20220101232958p:plainを選出することもあったが、その際は一定の活躍はしてくれた。

 

[選出]

・対f:id:pkmn_YS1224:20220101231722p:plainf:id:pkmn_YS1224:20220101231756p:plain+襷枠or f:id:pkmn_YS1224:20220102000016p:plainf:id:pkmn_YS1224:20220102000039p:plain(五分~有利)

f:id:pkmn_YS1224:20220101231756p:plainf:id:pkmn_YS1224:20220101231722p:plainf:id:pkmn_YS1224:20220101232118p:plain

初手ダイマして残りの二体で詰めていく。

構築上初手f:id:pkmn_YS1224:20220101231756p:plainを誘いやすく、ダイマの打ち合いで数的優位をとれることが多かった。

f:id:pkmn_YS1224:20220102000016p:plainf:id:pkmn_YS1224:20220102000039p:plainの積みエースがf:id:pkmn_YS1224:20220102003832p:plainだとかなり苦しかった。

 

・対f:id:pkmn_YS1224:20220101231722p:plainf:id:pkmn_YS1224:20220101232254p:plainf:id:pkmn_YS1224:20220101232250p:plain(五分~微有利)

f:id:pkmn_YS1224:20220101231722p:plainf:id:pkmn_YS1224:20220101231756p:plainf:id:pkmn_YS1224:20220101232650p:plain

基本有利だが、初手ダイマf:id:pkmn_YS1224:20220101232254p:plainf:id:pkmn_YS1224:20220101232250p:plainの選出をされると少しつらかった。基本的にf:id:pkmn_YS1224:20220101231756p:plainダイマックスを切るため、体力管理に気を付けながら動かしていた。

 

・対f:id:pkmn_YS1224:20220101232730p:plain(五分~有利)

f:id:pkmn_YS1224:20220101231722p:plainf:id:pkmn_YS1224:20220101232829p:plainf:id:pkmn_YS1224:20220101231756p:plain

基本的にf:id:pkmn_YS1224:20220101231722p:plainf:id:pkmn_YS1224:20220101232829p:plainでサイクルを回しながらf:id:pkmn_YS1224:20220101231756p:plainを通していく。f:id:pkmn_YS1224:20220101232301p:plain入りはかなりきつかったが、f:id:pkmn_YS1224:20220101231722p:plainにコピーされないよう頑張って立ち回っていた。

 

・対f:id:pkmn_YS1224:20220102001624p:plain(微不利~五分)

f:id:pkmn_YS1224:20220101231756p:plainf:id:pkmn_YS1224:20220101231722p:plainf:id:pkmn_YS1224:20220101232650p:plainorf:id:pkmn_YS1224:20220101232118p:plain

初手ダイマで荒らして詰めていく。明らかな

f:id:pkmn_YS1224:20220101231756p:plainがいると、展開が苦しくなった。初手ダイマで数的優位をとってからf:id:pkmn_YS1224:20220102001624p:plainf:id:pkmn_YS1224:20220101231756p:plainが行動できていれば負けることはあまりなかった。

 

・対f:id:pkmn_YS1224:20220101232932p:plain(不利)

f:id:pkmn_YS1224:20220101231756p:plainf:id:pkmn_YS1224:20220101231722p:plainf:id:pkmn_YS1224:20220101232958p:plain

一番当たりたくない禁伝だった。f:id:pkmn_YS1224:20220101231756p:plainの初手ダイマでどこまで荒らせるかがカギ。スカーフf:id:pkmn_YS1224:20220101232932p:plainはどうしようもなく、簡単に負けることもあった。対f:id:pkmn_YS1224:20220101232932p:plainに勝率を上げることができたらもっと良い順位まで行けてた気がする。

 

・対f:id:pkmn_YS1224:20220102004754p:plain(有利)

f:id:pkmn_YS1224:20220101231722p:plainf:id:pkmn_YS1224:20220101231756p:plain@1

有利構築なので@1は刺さっているポケモンを選出した。f:id:pkmn_YS1224:20220102004754p:plainにダイジェットを打たせない立ち回りができれば負けることはほとんどなかった。

ただ、構築によくいるf:id:pkmn_YS1224:20220102005300p:plainf:id:pkmn_YS1224:20220102005316p:plainがきつく、こいつらに破壊されることもまれにあった。

 

・対f:id:pkmn_YS1224:20220102000941p:plain(微有利)

f:id:pkmn_YS1224:20220101231722p:plainf:id:pkmn_YS1224:20220101231756p:plainf:id:pkmn_YS1224:20220101232650p:plain

この3匹のどのポケモンで崩せるかを考えながら立ち回る。f:id:pkmn_YS1224:20220102000941p:plainf:id:pkmn_YS1224:20220102005508p:plainf:id:pkmn_YS1224:20220101231756p:plainf:id:pkmn_YS1224:20220102000941p:plainf:id:pkmn_YS1224:20220101232301p:plainf:id:pkmn_YS1224:20220101231722p:plainで対面処理してからf:id:pkmn_YS1224:20220101232650p:plainで崩す動きをしていた。

f:id:pkmn_YS1224:20220101232650p:plainをコピーされてもこっちのf:id:pkmn_YS1224:20220101231722p:plainのほうが早いので上からワンパンしていた。

 

・対f:id:pkmn_YS1224:20220101235409p:plain(微有利~有利)

f:id:pkmn_YS1224:20220101232118p:plainf:id:pkmn_YS1224:20220101231722p:plainf:id:pkmn_YS1224:20220101231756p:plain

99%初手f:id:pkmn_YS1224:20220101235409p:plainなので初手f:id:pkmn_YS1224:20220101232118p:plainを投げていた。初手はカウンターを押していた。うまいプレイヤーだとストーンエッジ読みで引いてくることもあった。そのため、二度目の対面ではストーンエッジを押していた。二度目の対面はf:id:pkmn_YS1224:20220101235409p:plainがダイソウゲンで突っ張ってくるか特殊ダイジェットが多かったためストーンエッジダイマf:id:pkmn_YS1224:20220101235409p:plainを処理して裏のf:id:pkmn_YS1224:20220101231722p:plain通していった。

 

[きついポケモン]

f:id:pkmn_YS1224:20220102010309p:plain:重いとかのレベルではなかった。f:id:pkmn_YS1224:20220101232118p:plainorf:id:pkmn_YS1224:20220101231722p:plainで対面処理するしかない。

f:id:pkmn_YS1224:20220102010312p:plainf:id:pkmn_YS1224:20220101231756p:plainに上から岩封を打たれるのできつい

f:id:pkmn_YS1224:20220102005316p:plain:タイプ受けで何とかするしかない。交代読みで技を打たれるとかなり苦しい。

 

[終わりに]

ここまで読んでくださりありがとうございました!最終日はこの構築とルカリザ構築で潜っていました。

今期がルカリオでレート2000を目指せる最後のシーズンとなりそうなので頑張りたいと思います!

質問があれば@pkmn_YS1224まで。

 

f:id:pkmn_YS1224:20220101231203j:plain

 

[Special Thanks]

トリトドンを進めてくださったかっしーさん。

・今期構築相談に応じてくださったスズさん

・今期対戦したすべての方